ここではリンパ腫について、リンパ腫の原因について詳しく説明しています。

リンパ腫が発生する原因は、未だに不明の所が多く完全には解明されていません。現在でも発生原因は研究され続けています。しかし、一部のものはある程度原因が分かっているものもあり、主に4つの原因が考えられています。以下にご紹介していきます。


sponsored link




ウイルスが原因となるリンパ腫
・ヒトT細胞白血病1型ウイルス(HTLV-1)
・エプスタインバールウイルス(EBV)など
成人T細胞リンパ腫はHTLV-1の感染・発症によって起こることが分かっていて、日本では特に九州地方に多く見られます。

細菌が原因となるリンパ腫
・ヘリコバクター
・ピロリ菌など
胃のMALTリンパ腫ではヘリコバクター、ピロリ菌が発症に関与しているとされています。

遺伝子が関与しているリンパ腫
リンパ系や免疫系の異常、また家族内で同種の発症を起こすこともある為、遺伝や環境などによる原因もあるのではとされています。

転移によるリンパ腫
・膵臓がん
・大腸がんなど
ただし、他臓器がんからの転移による悪性リンパ腫は、悪性リンパ腫とは呼ばずに「臓器がんのリンパ節転移」と呼び、明確に区別されます。

また、悪性リンパ腫が体の他の部位に転移することも少なくありません。進行するにつれ、肺や肝臓、腹部などのリンパ節はもちろん、さらに進むとリンパ節の他にも転移することがあります。涙腺や唾液腺、目や鼻、小腸に胃や脳、睾丸や卵巣と全身のあらゆる場所に転移する可能性があります。こうして転移した場合を節外性リンパ腫と呼びます。


sponsored link




このページを見た方は次のページもよく閲覧されています。

⇒ リンパ腫の症状

⇒ ステージの進み方


TOPページへ戻る



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る


sponsored link




[当サイトへの問い合わせ]
rinpasyu★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。