ここではリンパ腫に関係するその他の病気、白血病について詳しく説明しています。

白血病とは、血液生産を行う骨髄が血球に変わる過程で障害が起こり、正常な血液が生成されない病気です。この為、作られた血液が血液として正常に機能しなくなり、貧血や感染症などを引き起こしてしまいます。さらに癌化した細胞が血液内に流れ込み、全身に行き渡って浸潤することで他の臓器にも障害を起こしてしまいます。


sponsored link




血液細胞が癌化してしまうことによって起こる白血球の増加が、この病気の主な病態です。そもそも白血球は自身の体内に進入した細菌や異物を取り込み、消化分解し体を守る防衛機能を持っています。正常であれば異物のみを認識して自身の体を攻撃することはありませんが、白血病の場合は白血球の異常増殖によって体に様々な悪影響を及ぼしてしまいます。

白血病はがんと同じく、早期に発見と治療が出来た場合は生存率も高いのですが、発見が遅れると生存率も大幅に下がってしまいます。血液検査の異常(血球数の増加や減少、異常細胞の出現)により白血病が疑われます。白血病が疑われた場合は骨髄の検査を行い、骨髄内に白血病細胞を調べて診断します。


sponsored link




このページを見た方は次のページもよく閲覧されています。

⇒ 良性のリンパ腫?

⇒ リンパ節炎


TOPページへ戻る



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る


sponsored link




[当サイトへの問い合わせ]
rinpasyu★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。