ここではリンパ腫の検査と診断について、詳しく説明しています。

リンパ腫の検査方法としてはどのような方法で行われるのでしょうか。リンパ腫の検査をする時は、様々な方法を合わせて総合的に診断することになります。以下にご紹介していきます。


sponsored link




触診
リンパ節に出来たしこりを直接触って、個数や大きさなどしこりの状態を調べる触診を行います。

生検
リンパ腫の検査に最も重要となるのが生検です。しこりの一部を外科的に採取して、採取した組織を顕微鏡で調べ、リンパ腫細胞の形や性質を詳しく分析して、リンパ腫の病型を分類します。

骨髄・腰椎穿刺検査
腸骨または胸骨に針を刺して骨髄液を吸引する骨髄穿刺や、腰椎の間に細い針を刺して脊柱管の中にある脳脊髄液を採取する検査を行い、がんが浸潤していないかどうかを調べます。

血液検査
リンパ腫になると血液中のCRP・LDH・可溶性インターロイキン2受容体(sIL2‐R)という物質の数値が上昇します。血液検査によってこれらの数値の異常を調べます。

X線検査
通常行われるレントゲン写真を撮影して、画像検査を行います。

超音波検査(エコー)
体内における超音波の反響を利用し、しこりの位置や大きさ、分布を調べます。

CT・MRI検査
CTは、X線を使って体の内部を描き出し、MRIは磁気を使用します。身体を輪切りにした画像を撮影することにより、リンパ節の腫れやむくみ、その大きさ、腫瘍ができている場所などをさらに詳しく調べることができます。

PET検査(ポジトロン・エミッション・トモグラフィー)
放射性ブドウ糖液を注射して、その取り込み分布を撮影することで全身のがん細部を検出するPET検査を行います。


sponsored link




このページを見た方は次のページもよく閲覧されています。次のページでは、リンパ腫の治療法について詳しく説明しています。

⇒ リンパ腫の治療


TOPページへ戻る



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る


sponsored link




[当サイトへの問い合わせ]
rinpasyu★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。